11月, 2016年

東日本大震災、寄り添ってくれた男性

2016-11-22

最も印象に残っている異性との出会い。
それは5年前、東日本大震災が起きた時に訪れました。
東北地方に住んでいた私は、あの日激しい揺れと襲い来る津波から何とか生き延びました。
しかし試練の日々は続きます。
ライフラインが全滅し、食べる物もろくに無い状態。
友人知人の安否も分からない上に、津波で家を失った親族を一時的に引き取り、世話をしなければならない状況に追い込まれました。
自分の不安を押し殺して、私は仕事と家事、親族の世話に一生懸命取り組みました。
しかしそんな無理が長続きするはずもなく、私は次第に心身のバランスを崩していきました。
そんな時、ある男性との出会いが私に訪れました。
彼は震災復興支援のため、関東から東北支社にやって来たサラリーマンでした。
そして近場で働いていた私に、「頑張ってますね」と声をかけてくれたのです。
聞くと、彼は普段から被災者に積極的に話しかけるようにしていたそうです。
私はその中の一人に過ぎませんでしたが、彼の何気ない言葉に救われたような気持ちになりました。
ずっと「頑張れ」と言われ続けてきた私。
もちろんそれは励ましの言葉なのですが、「こんなに頑張っているのに、まだ頑張らなければいけないの?」と思わせるプレッシャーの言葉でもありました。
しかし彼は、「頑張ってますね」と私の頑張りを認めてくれたのです。
たった一言でしたが、とてもあたたかい気持ちになりました。
その後交際しましたが、彼が関東の本社に戻ってしまってからは、自然に関係は消滅しました。
震災から5年が経ち、落ち着いた環境の中で私は今でも彼の一言を思い出します。
あの出会いが無ければ、きっと私の心はどこかで折れてしまっていたでしょう。
辛い状況下で訪れた彼との出会いは今も私の支えです。
辛い時にこそ寄り添ってくれる人の大切さを強く感じた出会いでした。

電車の中で突然の出会い

2016-11-22

出会いは突然。

私がまだ学生の頃、片道2時間かけて学校に通っていました。
同じ駅から、同じ車両に乗り、乗換えがあっても無意識にホームの同じ場所から乗り込む毎日。
そんな中、同じ時間帯で電車に乗ってくる外国人の男性と出会いました。
南米系で黒髪に黒い目をした可愛いらしい顔立ち。
ハリウッド俳優で言うと、ロード・オブ・ザ・リングの主演:イライジャ・ウッドさんに少し似ていたと思います。
ある日電車に乗り込むと、その彼とたまたま隣り合わせになりました。
目の前の席が空き、彼は私に「どうぞ、座ってください」と流暢な日本で譲ってくれたのです。
私は笑顔でお礼を言い、遠慮なく座らせてもらいました。
自然と私と彼が向かい合う形になり、彼の方から小声で話しかけてくれました。
「君、いつもこの時間に乗っているね。
いつも見てたんだ。
乗換える電車も同じだから、びっくりしたよ。
」と。
それを聞いて、私も驚きました。
満員電車に揺られながら、他愛もない話をしました。
乗換えも一緒なので、いつもの憂鬱な長い通学時間があっという間に過ぎていきました。
彼はメキシコで生まれ、日本の会社で映像やイラスト関係の仕事をしていました。
私は学校で英語を勉強していたので、彼に英語で会話してくれるようにお願いし、それ以来、毎日電車で英会話するようになりました。
仕事の事や家族、大好きな音楽の事を楽しそうに話してくれる屈託のない彼の笑顔はとても魅力的に思えました。
出会いからしばらくして、連絡先を交換し、お付き合いに発展するまでそう時間はかかりませんでした。
休日は公園に行って、彼が風景をスケッチするのに付き合ったり。
趣味で歌も歌っていた彼のライブを、ライブハウスに聴きに行ったりもしました。
今思えば、こんな出会いは後にも先にもありません。
友達に話しても、「ドラマか!そんな出会い、普通ないから!」と笑われます。
今までで一番心に残っている出会いです。

電車の中で足を踏んづけて!

2016-11-22

電車の中での出会い。
ちょっと変わった出会い?がありました。
そのときはこれが出会いになるとは思ってもいなかったですが。
満員電車のなかのドア付近に私は立っていたんですね。
その対面になかなかにかわいい可憐な女性が向かい合って立っていました。
性格も良さそうでいい子そうだなって勝手に想像してました。
そんなとき、あわてて電車の中に入ってきた中年のサラリーマンがその女性の足を踏んでしまったのです。
サラリーマンは頭を軽く下げましたが、そのときの彼女の顔が恐ろしいほどきつくなったんです。
そのサラリーマンは彼女の横に気付かず立っていましたが、彼女はずっとそのサラリーマンを睨み付けていました。
こわ~と思いながら、人はやっぱり見た目によらないなって思っていました。
そんなことがあった数日後、同じことを私がしてしまったのです。
閉まりかけの電車にあわてて入ったとき、その彼女の足を踏んづけてしまったのです。
私はすみませんと声を出して謝りました。
やばいな~睨んでるかな~と思いながら、しばらくたった後、彼女を見ると、しっかりと私を睨み付けていました。
とりあえずまた会釈。
でも彼女のきつい顔は変わりません。
彼女とは降りる駅が同じで、駅で降りたとき、あらためてごめんねっ、大丈夫?と謝りました。
あとで何か言われたら嫌ですしね。
彼女痛かったよ。
と文句を私に言いました。
見ると、彼女の足は本当に赤くなっていました。
とりあえず本当に悪いと思い、彼女を連れて近くのドラッグストアーへ行って絆創膏を買って渡しました。
すると彼女の顔が柔らかくなって、ありがとうと言われました。
そのときの彼女の顔は最高にかわいかったですね。
少し話して、仲良くなってしまいました。
連絡先も交換して、また食事でもしようねってなりました。
かわいいけど、中身はきつい彼女との出会い。
出会い方はこんなでしたが、でもどこか合って今では仲良く付き合っています。

田舎の駅での朝5時の出会い

2016-11-22

友達の話ですが、友達は今も地元にいて、地元はすごく田舎です。
電車が1時間に1本あるかないかのところなので、電車利用する人も少なく友達も基本的には車を使っています。
特に地元の最寄り駅は利用するのが学生かおじいちゃん、おばあちゃんくらいです。
ですので、駅の周りもほぼ何もありません。
もちろん出会いがあるようなこともありません。
あ昼間とかだけやっているような喫茶店くらいがあるだけです。
地元は飲み屋が極端に少なく、何か飲み会とかあれば市内に行くという感じで、友達はその日は市内で飲み会があり、その日はオールをして朝始発の電車で帰ってきたみたいです。
いつもなら何人か最寄り駅一緒の人がいるみたいですが、そのときは最寄り駅一緒の子がいなくて1人だったみたいです。
朝の始発ほとんど人は乗っていなかったそうで、電車で爆睡していたらしいです。
そして、最寄り駅について降りたときにもうひとり最寄り駅で降りた人がいたみたいです。
ですが、気にせず駅の前で親の迎えを待っていたらその人が話しかけてきて、ナンパされたそうです。
まさか最寄り駅でそれも朝5時くらいに化粧も取れかけたときにナンパされるとは思っていなくて、すごくテンパったそうですが、なんだか面白い人やなと感じメール交換したみたいです。
これが二人の出会いでした。
まさかあの最寄り駅が出会いの場所になるとはと、毎回話のネタになります。
今その子と彼氏さんは結婚し、子供もいますがすごい出会いだったねと今でも話すそうです。
普段旦那さんはナンパをするようなことはなく、なんとなくあの日は降りたのがふたりしかいなかったし、可愛い子だったし、ちょうど駅の前で待ってたから話しやすかったから声をかけたそうです。
その話を聞いて皆で出会いはどこにあるか分からないから常に気合入れとこうという話になりました。

Copyright© 2010 女性に役立つ情報を提供中 All Rights Reserved.