電話占いがスタートしたのは1990年頃と意外と歴史は古い!

2017-07-11

電話占いをするとハッピーな気持ちになる私。人生はなかなか自分の思っているようにはいきません。彼氏が欲しいのに出来ないこともありますし、結婚に対しての不安もあります。今の仕事をそのまま続けていてはたして将来は幸せになるんだろうかと不安になる気持ちもあるのです。

特に女性は悩みが多いのでしょうね。私が使っている当たる占いサイトでも大部分が女性ユーザーです。誰でも将来は幸せな人生を送りたいです。そんなヒントをくれるのが電話占いです。アドバイスに沿って行動すれば幸せになるイメージが涌いてきます。道筋を見つけ出してくれる先生には感謝してます。

店舗型の占いサロンや占いの館もあります。でも、実際に足を運ぶとなるとなかなか決意ができないでしょう。私もそういうタイプでした。だから電話占いにしたのです。電話占いは実際に対面鑑定をしていただく占いを電話で話ながらしてもらうものです。占いのジャンルによっては対面鑑定じゃないとできないこともありますし、先生によっては電話占いでは鑑定できない人もいるようです。

■電話占いがスタートしたのは1990年頃!

私もその当時から利用しています。その時代は今のようにiPhoneやAndroid携帯などのスマートフォンもありません。自宅から電話していたのですが、家族の視線も気になっていました。長電話もできないことから人気はイマイチだったのです。

でも2,000年頃から、女性雑誌にも電話占いの宣伝広告が掲載されはじめました。それと同時に携帯電話が一挙に普及してきました。これならば、いつでもどこでも電話ができます。個人的な電話が自由になってきたので、占いが好きな学生・OL・主婦を中心にユーザーが激増しました。個人の占い師・鑑定師ではなくて最近は電話占いサイトが人気です。複数の占い師が在籍しています。占いのジャンルも豊富ですし、占いの内容によってページ区分されていたり、先生のプロフィールも掲載されて、とても使いやすくなっています。これからも、ますます電話占いは人気になるでしょう。

関連記事

Copyright© 2010 女性に役立つ情報を提供中 All Rights Reserved.